2016/05/03

浜田省吾 #18  1982年12月18日倉敷市民会館

1982年12月18日、倉敷市民会館に一人のサキソホン奏者がやって来ました
今回のお話は古村敏比古くんがやって来た日のことを。

++++++++++++++++++++++++++++++++

1982年12月4日の熊本市民会館から始まった九州〜山陰〜中国地方を廻るツアーは、12月26日の広島郵便貯金会館まで続く23泊の長旅だった。
どのような経緯でそうなったのかはよく分からないが、この旅の途中から急遽サックス奏者が加わることになった。浜田省吾の舞台監督を担当していたH氏からの紹介の人物ということだった。

そのサックス奏者は12月18日の倉敷公演から合流するとの事。しかしぼく達はツアー中なので、サックス奏者とスタジオでリハーサルをやっている時間はない。
そこで事前に譜面を書いて送り、サックス奏者に覚えて来てもらうことになった。
そしてそのサックス奏者用の譜面書き係に任命されたのがぼくだった。

ぼくは打ち合わせのため、何度かそのサックス奏者と旅先から電話でやりとりをした。
古村と名乗るその人物は、ちょっとぶっきらぼうに喋る口数の少ない男だった。
初めて電話で喋った時の印象は

なんかコワそう、、、。

まだ一度も会ったことが無く、当然顔も知らないわけで、声から受ける印象はちょっとコワい感じがした。
なんか取っつきにくそうな奴だなぁ〜、と言うのが電話で話した時の正直な感想だった。

ツアー途中からの参加、しかもリハーサル無しということで、いきなり全曲に参加してもらうのは無理だとの判断から、古村くんに参加してもらう曲はひとまず下記の8曲になった。

・バックシートラブ
・独立記念日
・ハイスクール・ロックンロール
・壁に向かって
・明日なき世代
・モダンガール
・愛しい人へ
・僕と彼女と週末に

ぼくはツアーの移動日に、ホテルの部屋でひたすらサックスのパート譜を書いた。
この旅の間、ぼく達は福岡の西鉄グランドホテルに何泊か滞在していた。ぼくは博多の街に繰り出すメンバー達を尻目に、部屋にカンヅメ状態になって譜面を書いた。

完成した譜面を福岡から郵送で東京の古村くんに送った。
後は彼が譜面と音資料を聴いてくれて、曲をマスターしてくれることを願った。

そして12月18日、倉敷市民会館でのコンサートの日がやってきた。
この日ぼく達は少し早めに会館入りした。何せ古村くんと音を合わせる時間は本番前の僅かな時間しか無い。

しばらくすると、楽屋の廊下を重そうなケースを抱えた一人の男が小走りでやってきた。どうやら彼が古村くんのようだ。
早速ぼく達は古村くんと挨拶を交わした。
初めて会った時の印象は

やっぱりちょっとコワそう、、、。

簡単な挨拶を済ますとすぐにリハーサルが始まった。
うれしいことに彼はほぼ完璧に曲をマスターして来てくれていた。
どの曲も初めて合わせたとは思えないほど、メンバー全員がグッドバイブレーションを感じていた。

昨日まで演奏していた曲にサックスが加わったことで格段に勢いと迫力が増した。
ぼくはまるでブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドのようだ、と心の中でほくそ笑んでいた。

パワフルなサックスが入ったことで、浜田さんもバンドメンバーも一気にテンションが上がり、今夜のショーが始まるのが楽しみでならなかった。

その日のステージはとてもエキサイティングで歴史的な一夜となった。

古村くんが加わっての初のコンサートが終わり、ぼく達は車で宿泊先の岡山に移動した。
市内の中華料理店で、古村くんを囲んでのささやかな歓迎会が行われた。
リハーサル〜本番と息つく間も無かったので、ようやくみんな彼とゆっくり話をすることが出来た。

いろいろと音楽の話などをしていると、古村くんはサックス奏者にしては珍しくロックやプログレが好きだということだった。
サックスやトランペット奏者等、いわゆるホーンセクションの方々はジャズやフュージョンが好きな方が多いので、古村くんの音楽の好みを聞いて意外な感じがした。

そして古村くんはベースの江澤くんと同じ年の同じ6月生まれだったが、ほんのちょっとの違いでバンドメンバーの中では最年少だった。

ぼくとは一つ違いだがほぼ同年代、ちょっと無愛想だけれど、とても気の良さそうなサキソホン奏者とは、きっとこの先長い付き合いになる、ぼくは何故かこの時そんな予感がしていた。

ぼくが古村くんに送った実際の譜面。