2016/10/07

楽器の変遷

今回は今までぼくが所有したり、使用して来た楽器の話などを。

++++++++++++++++++++++++++++++++

ぼくが初めて弾いた楽器は、物心ついた時から家にあったカワイのアップライトピアノだった。小学校一年か二年の時だったと思う。
ぼくの家は決して裕福な家庭ではなかったが、姉が弾いていたピアノが置いてあった。それを見て自然とぼくも見よう見まねで弾くようになっていた。
そしてピアノ教室に通うようになった。と言うか通わされた。

当時ぼくはピアノ教室に行くのが嫌で嫌でたまらなかった。
教室の先生は女性の方で、ドイツ仕込みのやさしくもとても厳しい先生だった。そして授業での音符はすべてドイツ読み(ドレミファではなく、ツェーデーエーエフ)で行われた。
ピアノのレッスンと併行して、コールユーブンゲンという声楽のレッスンもやらされた。
ぼくはピアノ教室に通うよりも、友達と野球をやることのほうがずっと楽しかったので、いつもレッスンに行くふりをしては、教本の入った鞄を原っぱに放り投げて野球をやっていた。
もちろんサボったことが後でバレて、たっぷり叱られたのは言うまでもない(笑)

次に手にした楽器はウクレレ。
小学校三年生の学芸会で、僕たちのクラスは演劇をやることになった。
演目は「四辻のピッポ」という、足の悪い少年ピッポが主役の劇。ぼくはギターを持った少年の役で出演した。そこそこ台詞も多くてとても緊張した記憶がある。
ギターを持った少年の役なのに、なぜか親はぼくにウクレレを買って持たせた。思えばこの時がぼくのウクレレとの出会いであった。

その次に手にした楽器はリコーダー。いわゆる縦笛である。小学校の音楽の授業で生徒全員が買わされたような気がする。
リコーダーでいろんな曲を練習したが、あまり上手くならなかったのでぼくはすぐに飽きてしまった。横笛も練習した記憶があるが、やはり全く上達しなかった。

その次はクラシックギター。近所に住んでいた同級生の女の子がクラシックギターを習っていて、それがとても眩しく見えて一緒に教室に通いだした。
親にせがんで安いガットギターを買ってもらい、教室に通ったのだが一週間で飽きた(笑)
その時に一緒に通っていた女の子の弟が、何を隠そう今一緒に音楽活動をしている石渡長門くんである。

中学生になるとフォークブームがやってきた。ぼくも吉田拓郎やかぐや姫やガロの曲に夢中になった。そしてフォークギター(ナイロン弦ではなくスティール弦のギター)が欲しくてたまらなくなった。
最初はクラシックギターを習っていた時に買ってもらった、ナイロン弦のガットギターに無理矢理スティール弦を張っていたのだが、すぐにネックが反ってしまい使い物にならなくなってしまった。
そしてギターが壊れたという既成事実を作って、親にフォークギターを買ってもらうことに成功した。
その時のギターはモーリス製のマーティン000-18(トリプル・オゥ)のコピーモデル。
子供のくせに渋いチョイスであった。このギターでいろんな曲を練習した。

しかし所詮は安価なコピーモデル。良い音がするはずもなかった。
やがて高校の入学祝いに、おばあちゃんからギターを買ってもらえることになった。
今度選んだギターは、もうひとまわり大きいドレットノートタイプのマーティンD-28のコピーモデル。
当時はまだ無名だったK・ヤイリという国産メーカーのギターだった。
このギターは安価なわりにはなかなか良い音のするギターだった。ただ無知だったぼくは好奇心からこのギターにいろんな改造を施してしまった。ギブソンやマーティンのギターに付いている、グローバー製のペグをコピーした「クローバー」というインチキなペグに変えたり、ピックガードをヤマハ製のものに変えたり、ヘッドのK.YAIRIのロゴを消してしまって、マーティンのロゴを真似て手書きしてみたりと、一見するとどこのメーカーのギターだか分からないようなルックスになってしまった。
高校の入学祝いにおばあちゃんが買ってくれた K・ヤイリのアコギは、若気の至りですっかりヨレヨレになってしまったけど、今でも所有している。

高校を卒業してぼくは大学には進学せず、音楽の専門学校の道を選んだ。
この時に買ったのがフェンダー・ローズ・ステージピアノMark1。エレクトリックギターで有名なフェンダー社から出ていたエレクトリックピアノである。
当時の価格で四十数万もしたとても高価な楽器だった。当然当時のぼくに買えるシロモノではなかったので、親がぼくの大学進学資金として用意していたお金から、卒業祝い&入学祝いと称して買ってもらった。後にローンで返済した(笑)

このフェンダー・ローズピアノはぼくがプロになってからも大活躍することとなる。
甲斐バンド、浜田省吾、庄野真代、松原みき等の数々のツアーやレコーディングで使用した。
甲斐バンドの「嵐の季節」「悲しき愛奴(サーファー)」「LADY」「翼あるもの」等で聴けるローズのサウンドはこのピアノで演奏したものである。
もっとも酷使しすぎて最後はボロボロになって処分してしまったけど。

プロのミュージシャンになってから最初に買ったキーボードは、ローランドRS-101というストリングス(バイオリンやチェロ等)の音をシュミレートしたキーボード。
当時ソリーナという、ストリングスの音が出せるキーボードが大流行りしていて、ストリングスの音が出るキーボードはストリングアンサンブルと呼ばれていた。
ちなみにソリーナの音色はチューリップの「サボテンの花」や、ロッド・スチュワートの「I'm sexy」などが有名。

ソリーナはとても高価で当時のぼくには手の出る値段ではなかったので、しかなたくローランドRS-101をローンで購入した。
しかしローランドRS-101の音色はソリーナとは似ても似つかぬ音で、ぼくはとてもがっかりした。それでもRS-101ならではの音色の使い方を考えて、甲斐バンドや浜田省吾さんのライブでも使用した。

浜田省吾さんのバンドに加入して、最初に買ったキーボードはアコーディオン。
Tomboというメーカーのアコーディオンで、The Fuseのドラマーだった鈴木俊二くんと一緒にお茶の水の楽器店に買いに行った。
このアコーディオンは浜田さんのツアーでもたくさん使用した。
「途切れた愛の物語」での間奏や、海の中道での野外コンサートのアコースティックコーナーで演奏した「風を感じて」などでも使用した。
現在でもこのアコーディオンはまだまだ現役で、ライブにレコーディングに使用している。

次に買ったキーボードはシンセサイザー。当時の音楽シーンはYMOの人気と共にテクノやニューウエイブの嵐が吹き荒れていた頃。キーボードも各メーカーからシンセサイザーが続々と発売された。
ぼくが買ったのはコルグのPoly-61というデジタルとアナログの中間のようなシンセサイザー。1981年か82年頃だったと思う。
これは後にMIDI端子付きに改造して数年間使用した。

Poly-61とほぼ同時期に、KAWAIのエレクトリックグランドピアノ「KP-308」を購入した。これは非常に高価な楽器だったが、広島のKAWAIに便宜を図っていただいたおかげで購入することが出来た。
この頃の浜田さんのコンサートでぼくは二台のKP-308を使用していた。一台は自分で買ったもの、もう一台はKAWAIとエンドース契約を結んで提供してもらっていたものである。

自宅での練習用にエレクトリック・アップライトピアノも購入した。これもKAWAI製で見た目はちょっと小ぶりのアップライトピアノ。デジタルピアノでは無く、普通のピアノと同じく弦が張ってあったので、定期的に調律をしなければならないのが面倒だった。
ただ生音はとても小さかったので、夜中でも気兼ねなく弾くことが出来た。

次に買ったのはギター。1982年に渋谷のKAWAI楽器店で購入した。
ある日、何気なく入った楽器店のショーウインドウに飾ってあったギターを見た時〜♪
それこそ稲妻がオレの身体を駆け抜けた(笑)

KAWAI楽器のショーウインドウに、やや小ぶりでオールメイプルボディのタカミネのエレクトリック・アコースティックギターが飾ってあった。
すごく綺麗なギターで、店員に尋ねたところ試作品で50本程しか作っていない大変貴重なギターとのこと。
さっそく弾かせてもらったら、やや固めの乾いた音がしてアルペジオやソロ弾きに適した音色だった。弾いた瞬間からもう欲しくてたまらなくなった。それでも衝動買いするのをぐっと堪えて、ひとまずキープしておいてもらい、その日は買わずに帰って頭を冷やして一晩考えた。
でもやっぱり次の日、速攻で買った(笑)決して安い買い物ではなかったがとても嬉しかった。
この頃のタカミネのエレアコにはとても優れたプリアンプが内蔵されていて、今でもこのプリアンプでなければダメというギタリストも多い。
このギターは浜田さんのツアーにも持って行って、町支さんと浜田さんがコンサートで使ってくれた。
浜田さんのツアーパンフにも、浜田さんがぼくのタカミネを弾いている写真が掲載されてとても嬉しかった。

ギターと言えば、その頃何故かぼくの家には浜田さんと町支さんのギターが何本か置いてあった。
どうしてぼくの家に置いてあったのか理由は忘れたが、町支さんの青いオベーションアダマスの12弦ギターと、浜田さんの赤いオベーション・アダマスの6弦ギター、Tokaiのテレキャスターモデル等、数本のギターが頑丈なハードケースに入って我が家の廊下を陣取っていた。と言ってもぼくはそのギターをケースから出して弾くこともなく、廊下を通る度にケースが足に当たったりして、いつも邪魔だなぁと思っていた(笑)
その後も不思議なことに何故かぼくの家には、いつも浜田さんのギターが何本か置いてあった。

1980年代中頃にはヤマハDX5やオーバハイム・エキスパンダーも使用していた。アルバム「J.BOY」の中の「もうひとつの土曜日」等のエレクトリックピアノの音色はヤマハDX5で弾いた音である。
DXシリーズは他にもDX7とDX7IIをツアーやレコーディングで使用していた。

この頃になるとサンプラーという楽器が登場した。これはテープレコーダーのような楽器で、あらゆる音を録音して音階にして鳴らすことが出来るキーボードだった。
早速ぼくはローランドから出たS-50というサンプリングキーボードを買った。
これも浜田さんのツアーで大活躍した。

1980年代後半から1990年代になると、楽器を買いすぎて何を買ったかよく覚えていない。
思い出せるだけでも、フェンダー・ストラトキャスター、コルグT2、ローランドD-50、D-10、S-760、エンソニックSQ-R32plus、ヤマハTG77、オーバハイムMatorix等々。

他にも現在に至るまで、ステージピアノはテクニクスSX-PX1、コルグSG-1D、KAWAI-ES1等、アコギはマーティンD-41、ギブソンJ45等、久留米のギター工房「アストリアス」のウクレレやマーティンのウクレレ等、たくさんの楽器を保有したり使用したりしてきた。

90年代に入ると20Uぐらいのラックに音源モジュールやエフェクター、MIDIパッチベイ、ミキサー等を格納して、車に積んでライブやスタジオに持ち込んではその都度組み立てていた。あまりの量の多さにまるで毎回簡単な引っ越しをしているような感じだった。
鍵盤も常に数台を使用していたので、ケーブルを結線して音が出るようになるまでに軽く一時間はかかった。
ケーブルだけでも数十本、ペダル類の数も半端じゃなかった。
なのでぼくは現場には必ず指定された時間の一時間前には到着するようにしていた。

今は時代も変わって、音源関連も殆どコンピュータの中で完結するようになった。
ミュージシャンの手を借りなくても、コンピュータを使ってそれは素晴らしい演奏と音色を構築することが出来る時代になった。
しかしそれでもバーチャルではなく、本物の楽器で人間が演奏したグルーブに勝るものは無いと、今でもぼくは思っているのである。

1979年10月20日 浜田省吾学園祭@小金井公会堂
フェンダー・ローズピアノを演奏